最新トピックス

平成26年度 山形県住宅への支援制度(新築住宅)

平成26年度にご利用できる『住宅への支援制度』

新築住宅

県産木材を利用して住宅を新築する場合、利子補給と補助による支援をご利用できます。 ※条件を満たせば利子補給と補助の両支援を受けることができます。

支援内容

住宅ローンの利子の一部を県が負担します。 〈例〉2,500万円を借り入れた場合、金利固定期間の利息が約110万円少なくなります。

対象となる住宅ローン

借入額が2,500万円以内の固定金利期間が10年の住宅ローン(返済期間が35年以内のものに限る)またはフラット35(S)が対象です。※固定金利期間3年・5年のローン、金利変動型のローンは対象とはなりません。

募集期間

平成26年4月4日〜平成27年2月27日

募集戸数

350戸※申込み戸数が募集戸数に達した場合はその時点で募集を終了します。

制度の詳しい内容は下記担当へお問い合わせください。

●問い合わせ先●

県庁県土整備部建築住宅課 住まいづくり支援担当 TEL.023-630-2154

山形県住宅情報サイト『タテッカーナ』

==============================================

平成26年度 山形県住宅への支援制度(リフォーム)

平成26年度にご利用できる『住宅への支援制度』

リフォーム工事

山形県住宅リフォーム総合支援事業をご利用ください。補助または融資のどちらか1つをご利用できます。

補助…住宅リフォーム工事をする場合、お住まいの市町村を通じて、県が補助金を交付します。詳しくはお住まいの市町村にお問い合わせ下さい。

融資…ご自宅の住宅リフォーム工事のために金融機関の住宅リフォームローンを利用する場合、低利子で融資を受ける事ができます。

対象工事

●部分補強、バリアフリー化、省エネ化、一定量以上の県産木材利用、克雪化のいずれかの内容の工事で、かつ県の定める基準点が10点(工事費が50万円未満の場合は5点)以上となる工事。 ※基準点の計算方法は、[基準点表]をご覧ください。

●電気設備工事が伴う「住宅用有機EL照明」を設置する工事。(ただし、県内で生産された有機ELパネルを用いて県内企業が製造した照明器具に限る。)

要  件

●山形県内に所在地を有する個人事業者または山形県内に本店を有する法人事業者に工事を発注すること。 ○補助については、市町村内の業者に限定するなどの要件がある市町村もありますので、詳しくはお住まいの市町村へお問合せください。

======

資料ダウンロード

【平成26年度山形県住宅リフォーム総合支援事業ご案内】

【住宅リフォーム補助金-利用者の声】]

==============================================

山形県住宅情報総合サイト タテッカーナ

山形県の支援事業などお役立ち情報!

目次

1. 知って得する支援策情報

●県のリフォーム支援
●県の新築住宅支援
●耐震支援
●市町村の支援策サーチ
●賃貸住宅向け支援(国交省補助事業)

2. 今注目の最新リフォーム事例

●リフォーム実例
●リフォームのポイント
●エクステリア実例
●リフォームの知恵袋
●リフォームの進め方
●わが家の耐震診断

3. 県内各エリアの新築住宅を公開

●新築実例
●新築住宅のポイント
●完成までの流れ

4. 枠を極めた山形の伝統技能

● 山形の伝統技能
●山形の匠
●未来の匠
●担い手育成事業

5. 県内木材で上質な木の家を

●木の魅力
●木の家ができるまで
●「やまがたの木」認証制度
●家づくりネットワーク
● ペレットストーブ

6. 家づくりのヒントがいっぱい

● よくある質問
● 金融機関紹介
● 基礎知識
● 用語説明
● 分譲地情報
● 関連リンク

山形県住宅情報総合サイト タテッカーナ

http://tatekkana.pref.yamagata.jp

山形県県土整備部建築住宅課/〒990-8570 山形市松波二丁目8-1 TEL.023-630-2645 または 2636

==============================================

平成24年度の住宅用太陽光発電システム導入支援補助金概要

●申込期間:平成24年4月下旬から平成25年3月下旬まで●

(1)補助対象となるシステムの上限金額と補助金単価の2段階化

補助金額は1kW当たりのシステム価格(税抜き)に応じて、下記2種類どちらかの補助単価で申請することになります。

1kW当たりのシステム価格が 55万円以下のもの...3.0万円/kWを補助

1kW当たりのシステム価格が 47.5万円以下のもの...3.5万円/kWを補助

(備考) 1kW当たりのシステム価格 = 補助対象経費 ÷ 太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値 となります。

1kW当たりのシステム価格の算出における太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値の上限は9.99kWとします。

(2)太陽電池モジュールの変換効率基準の改定 モジュール化後のセル変換効率がそれぞれ以下に示す数値以上であることとします。 変換効率基準の見直しにより、適合機種が変更されますのでご注意ください。 1. シリコン単結晶系  :  16.0%以上 2. シリコン多結晶系  :  15.0%以上 3. シリコン薄膜系  :  8.5%以上 4. 化合物系  :  12.0%以上

(3)補助対象システムの出力上限 太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値、またはパワーコンディショナの定格出力の合計値のいずれかが、10kW未満であることとします。

平成24年5月1日より予約制度が開始! 復興支援・住宅エコポイント

ポイント発行対象工事の着工・着手期間は、平成24年10月31日で終了しました。
ポイントの交換期限は、平成27年1月31日までです。
エコ住宅で被災地支援!復興支援商品と交換しましょう!

復興支援エコポイントとは?

復興支援・住宅エコポイントとは、地球温暖化対策の推進に資する住宅の省エネ化、住宅市場の活性化、東日本大震災の被災地復興支援のため、エコ住宅の新築またはエコリフォームをした場合にポイントが発行され、そのポイントを被災地の商品やエコ商品等と交換できる制度です。

住宅エコポイントからの変更点は?

被災地の復興支援のため、被災地に建設するエコ住宅の新築には、その他の地域の倍のポイントを発行します。エコリフォームでは、リフォーム瑕疵保険に加入した場合や耐震改修した場合にもポイントを発行します。また、発行されたポイントの半分以上は被災地の特産品等に交換していただけます。

ポイントの発行対象

エコ住宅の新築

対象となる工事の期間...平成23年10月21日~平成24年10月31日に建築着工したものを対象。

対象となる住宅...(1)省エネ法のトップランナー基準相当の住宅(2)省エネ基準(平成11年基準)を満たす木造住宅

なお、(1)または(2)に該当する住宅に、太陽熱利用システムを設置した場合も、ポイントの発行対象となります。

エコリフォーム

対象となる工事の期間...平成23年11月21日~平成24年10月31日に工事着手したものを対象。

対象となる住宅...●窓の断熱改修●外壁、屋根・天井又は床の断熱改修...これらと併せて、以下の工事等を行った場合は、ポイントの発行対象となります→・バリアフリー改修(手すりの設置、段差解消、廊下幅等の拡張)・住宅設備(太陽熱利用システム・節水型トイレ・高断熱浴槽)の設置・リフォーム瑕疵保険への加入・耐震改修


平成24年5月1日以降に復興支援・住宅エコポイントのポイント発行申請をするには、事前に予約が必要です。

予約申込の対象...平成24年5月1日以降に、復興支援・住宅エコポイントのポイント発行申請を行うすべての住宅(新築・リフォームとも)※ただし、平成24年4月30日までに工事が完了し、同年5月31日までにポイント発行申請する場合は、従来どおりの手続き(予約不要)でポイント発行申請できます。

☆詳しくはこちら 住宅エコポイント事務局ホームページ→http://fukko-jutaku.eco-points.jp/

☆お問い合わせ先 住宅エコポイント事務局 

電話0570-200-121(ナビダイヤル・有料) 9:00〜17:00(土・日・祝日・年末年始含む)案内にしたがって、申請前の方は「1」申請後の方は「2」を押してください。

◎IP電話等からのお問い合せ先はこちら

『申請前の方』→03-4334-9256(有料)『申請後の方』→03-4334-9257(有料)

===================


バックナンバー


最新トピックス 株式会社サンノー企画印刷

個人情報保護方針について